ngraph-gtk (Version 6.07)

概要

Ngraph for X11GTK+ に移植し、若干の機能追加、仕様の変更を行ったものです。動作確認は Debian GNU/Linux Stretch, Windows10, macOS High Sierra で行いました。 (2017/11/11 更新)

スクリーンショット

screen shot

screen shot

screen shot

ダウンロード

GitHub からダウンロードできます。

インストール

Debian, Ubuntu
  • ngraph-gtk パッケージをインストールしてください。 また必要に応じて次のパッケージも利用できます。 ngraph-gtk-doc, ngraph-gtk-addins, ngraph-gtk-addins-base, ngraph-gtk-addin-import-ps, ngraph-gtk-addin-spellcheck, ngraph-gtk-addin-tex-equation, ngraph-gtk-plugin-ruby, ruby-ngraph
Windows
  • miingw-w64 のパッケージで配布されるようになりました。 msys2 をインストールし、 msys2 の shell で次のコマンドを実行してインストールできます。
    • x86_64
      			pacman -S mingw-w64-x86_64-ngraph-gtk
      		      
    • i686
      			pacman -S mingw-w64-i686-ngraph-gtk
      		      
  • 必要なファイルのみをまとめた ZIP ファイルも用意しました。 適当なフォルダに展開して使えます。
macOS (OSX)
その他

ソースをダウンロードしてコンパイルしてください。

注意

  • Version 6.07 で作成したグラフは 6.07 以前のバージョンでは読み込め ません (Version 6.07 でそれ以前のバージョンで作成したグラフの読み 込むことは可能です)。
  • Version 6.03 からアップデートする時は、一度 ~/.Ngraph/Ngraph.ini を 削除、または名前を変えて ngraph を起動し、新しい設定ファイルを利用 するようにすることをおすすめします。
  • Version 6.06.03 からパッケージ名が ngraph-gtk になりました。以前の バージョンを使用していた場合、Ngraph.ini の terminal 設定の変更が必 要になります。
  • Version 6.06.04 からアドインや補助プログラムのインストールディレクトリ が変更されました。環境によって ~/.Ngraph/Ngraph.ini を修正する必要 があります。

コンパイル

Windows

msys2 環境でコンパイルできます。 また、ngraph-gtk の PKGBUILD をダウンロードして、下記コマンドでパッケージを作成できます。

	      $ makepkg-mingw -s
	    

macOS

jhbuild でコンパイルできます。

	      jhbuild 環境構築
	      $ sh gtk-osx-build-setup.sh

	      必要に応じて PATH 環境変数を編集
	      モジュールの構築
	      $ jhbuild bootstrap
	      $ jhbuild build meta-gtk-osx-bootstrap meta-gtk-osx-gtk3

	      必要に応じて .jhbuildrc-custom を編集
	      ngraph-gtk のコンパイル
	      $ jhbuild shell
	      $ ./configure --prefix=$PREFIX
	      $ make
	      $ make install
	    

gtk-mac-bundler をインストールするとパッケージも作成できます。

	      $ make bundler
	    

Unix, Linux

必要なライブラリをインストールしてコンパイル。

	      $ ./configure
	      $ make
	      # make install
	    

オリジナルとの主な相違点

Undo, Redo 対応

操作の取り消し、やり直しができます。

Unicode 対応

内部の文字コードに UTF-8 を使うようにしました。これにより日本語、 英語以外の多言語の入力、表示が可能になりました。

日付軸対応

値を MJD として解釈し、軸の値表示に日付を使うことができます。

目盛数字の描画方向

軸と垂直あるいは斜め方向に描画することができるようになりました。

legend の機能強化
  • line, curve, polygon オブジェクトの機能を path オブジェクト一 つにまとめました。曲線や多角形に矢印をつけたり、縁取り付きの 塗りつぶしをしたりできます。
  • arc オブジェクトに縁取り付きの塗りつぶし機能を追加しました。
新しい数式変換コードを使用

数式変換のコードを新しく書き直しました。新しいコードを使用するこ とで多くの機能追加、変換速度の向上を実現しています。追加機能の詳細 はマニュアルを参照してください。

GNU autotools 対応

"./configure; make; make install" でコンパイル、インストールを行えます。

インストールディレクトリ

GNU autotools の標準的なディレクトリ構成にしたがって下記のよう にインストールされます。

  • 実行ファイル:$prefix/bin
  • マクロ:$pkglibdir (/usr/local/lib/Ngraph-gtk など)
  • 設定ファイル :$sysconfdir (/usr/local/etc/Ngraph-gtk など)
  • ドキュメント:$prefix/share/doc/Ngraph-gtk
ユーザごとの設定ファイル

~/.Ngraph に設定ファイル、履歴が保存されます。

レジェンドテキスト、変換数式入力欄での補完対応

入力履歴を保存して、次回以降の入力時に補完を行うことができます。

描画内容の保存

描画の結果は Ngraph 内部に画像データとして保存されます。従来より もデータファイルの再読み込みが必要になる場面が減ると思います。その 代わり、描画中の様子が表示されなくなりました。描画の進行状況はプロ グレスバーで表示されます。また、描画中断のチェックをより頻繁に行う ようにしました。

レジェンド拡大縮小時の線幅、線種

レジェンドを拡大、縮小する際に線幅、線種を保持するかどうかを選べ るようにしました。

ドラッグ & ドロップ対応強化

ファイルをビューアウィンドウにドラッグ & ドロップするとグラ フを開いたり、データファイルを開いたりできます (従来と同様)。文字列 をドラッグ & ドロップすると新しいレジェンドテキストを作成できま す。さらに Viewer window に GRA ファイルもドラッグ & ドロップで きるようにしました。また、data window, merge window にもそれぞれデー タファイル、GRA ファイルをドラッグ & ドロップできるようにしまし た。

Data window, Axis Window, legend window でのパラメータ直接編集

一部のパラメータについては Data window, Axis Window で値を直接 編集できるようにしました。

legend window で x, y の値を直接編集できるようにしました。

Information window、Coordinate window の機能強化

それぞれのウィンドウの内容をクリップボードにコピーしたり、ビュー アウィンドウにドラッグ & ドロップすることができるようになりまし た。また、Information window の内容は過去のフィッティング結果をさか のぼって表示できます。

GUI で arc オブジェクトの設定変更

マウスを使って arc オブジェクトの rx, ry, angel1, angle2 の各 フィールドを変更できるようにしました。

「編集」メニューを追加

「編集」メニューを追加し、「切り取り」、「コピー」、「貼り付け」 の各機能を実装しました。複数起動した Ngraph 間でも、レジェンドのカッ ト & ペーストが可能です。

選択オブジェクトの回転機能

選択した axis, legend オブジェクトを 90° 単位で回転できるようにしました。

選択オブジェクトの反転機能

選択した axis, legend オブジェクト (text 以外) を上下、左右に反転できるようにしました。

オブジェクトのアライメント機能

複数のオブジェクトを選択した際にビューアウィンドウの右クリックメ ニューで選択されたオブジェクトの位置合せをできるようにしました。

readline patch 対応

Ngraph readline patch を標準 で組み込んでいます。

複数のオブジェクトのフォーカス

ビューアウインドウで SHIFT を押しながらクリックしたり、データウィ ンドウやレジェンドウィンドウで SHIFT+SPACE を押すことで複数のオブ ジェクトを選択できるようにしました。

PS, EPS, PDF, SVG, PNG ファイルの出力

cairo ライブラリを利用することで、外部ドライバの助けを借りずに PS, EPS, PDF, SVG, PNG の各形式ファイルの出力が可能になりました。

複数のデータファイルを一つのデータファイルにまとめて出力

|データ|データの保存| で複数のデータファイルをまとめて一つのファ イルに出力できるようにしました。

長さ、角度、文字サイズの単位

長さ、角度、文字サイズの指定を (1/100 単位でなく) mm, 度, ポイ ント単位で行うようにしました。

データ設定ウィンドウのデータファイルプレビュー

プレビューの表示行数を変更できるようにしました。また、行番号を表 示するようにしました。

外部ビューアの機能強化

外部ビューアとして従来のものに加え GtkPrintOperation のプレビュー 機能を選択できるようにしました。

スクリプト向けの機能強化
  • menu::focused で現在フォーカスされているオブジェクトのリスト を得ることができるようにしました。
  • menu::print で印刷を行えるようにしました。
  • 内部コマンドに seq を追加しました。
  • dialog オブジェクトに radio, check, combo, combo_entry の各 フィールドを追加。
  • menu オブジェクトに echo フィールドを追加。information window に情報を表示させることができます。また dialog オブジェ クトにselectフィールドを追加し、選択の初期状態を指定できるよ うにしました。さらに dialog オブジェクトの check, radio, combo, combo_entry の各フィールドの引数に sarray オブジェクト を指定できるようにしました(demo/demo.ngp が使用例になっていま す) 。
  • io オブジェクトを追加。簡単なファイルの操作を行うことができ ます。
不透明度対応

|設定|その他| メニューで「不透明度を使う」を有効にすると、グラフ の色設定で不透明度を指定できるようになります。ただし、PostScript な ど不透明度に対応していないフォーマットにエクスポートする時は不透明 度設定を使った部分がビットマップで出力されることがあります。

注意点

  • このプログラムは完全に無保証です。ライセンスについてはパッケージに 含まれる COPYING ファイルを参照してください。
  • このプログラムに不具合があった場合、GTK+ 対応箇所、独自の機能追加、 修正箇所に問題がある可能性があります。不具合の報告などはオリジナル の作者ではなく下記連絡先へお願いします。

更新履歴

詳細はパッケージに含まれる ChangeLog を参照してください。

  • 2017/11/11 version 6.07.05 公開
    • Undo, Redo 機能の改善。
    • オブジェクトごとにレイヤーを分離して描画するようにした。
    • レジェンドは設定の変更が即反映されるようにした。
    • グリッド線表示機能を追加。
    • 数式変換で '_' で始まる変数は文字数の制限をなくした。
    • 色選択ダイアログのパレットを変更できるようにした。
  • 2017/08/15 version 6.07.04 公開
    • Undo, Redo 機能を追加(「グラフ」メニューの「描画順」 と「ページ設定」は元に戻せません)。
    • 画像インポートアドインの追加。
    • マウスを使ったテキストオブジェクトのフォーカスが難し いことがあった不具合の修正。
    • 「範囲」の描画でスキップの設定が正常に動作しなかった 不具合の修正。
  • 2017/04/01 version 6.07.03 公開
    • macOS を正式にサポート。
    • 数式変換で2文字の変数を使えるようにした。
    • レジェンドテキストの %pf{} 書式でフラグ文字に "^" を 指定できるようにした。
    • 「データ」、「軸」、「レジェンド」、「合成」の各メ ニューを「オブジェクト」メニューに統合。
    • ツールボタンから「名前をつけて保存」や「画像にエクス ポート」を実行できるようにした。
    • ngraph shell の sleep コマンドで引数に実数を指定でき るようにした。
    • data オブジェクトのタイプが range の時に NUM などの 定数がおかしな値になることがあった不具合の修正。
    • dialog オブジェクトに "buttons" および "response_button" フィールドを追加。
    • merge window のポップアップメニューで複製や削除がで きないことがあった不具合の修正。
    • Ruby プラグインで require に失敗すると異常終了するこ とがあった不具合の修正。
    • 数式変換の関数 MJD2DAY() などで、計算がおかしくなる ことがあった不具合の修正。
    • GTK+2 のサポートを削除、GTK+3.4 以上をサポート。
    • 各オブジェクトリストの編集機能の動作改善。
    • アイコン画像、menus.ui や ngraph.css などのリソース を事前にコンパイル、リンクするようにした。
    • IO オブジェクトのセキュリティチェック強化。
  • 2017/02/17 macOS 用バイナリ追加
  • 2016/12/27 version 6.07.02 公開
    • widget のフォント設定が正常に動作していなかった不具合の修正。
    • 32bit 版のバイナリも msys2 でコンパイルできるようにした。
    • mingw-w64 のパッケージに追加された。
  • 2016/12/04 version 6.07.01 公開
    • リポジトリを github に移行。
    • 最近の GTK+ を使用していると常にCPU負荷が高くなっていた不具合の修正。
    • file オブジェクトを data オブジェクトに変更。
    • 軸目盛数字に数式変換を適用できるようにした。
    • Windows 用 64bit バイナリを配布。
  • 2014/04/12 version 6.06.14 公開
    • libngraph を分離。
    • ngraph の機能を利用できる Ruby の拡張ライブラリを追加。
    • GTK+ 3.10, 3.12 で Deprecated とされた機能を利用しないように 変更。
    • NgraphUI.xml による UI 定義機能を削除。
    • プラグインの読込・実行方法を変更。
    • legend text の制御文字に %N{整数} を追加し改行幅を変更できる ようにした。
    • Ruby や readline のバージョンによってコンパイルに失敗するこ とがあった不具合の修正。
    • GtkEntry の幅を文字数で指定するように変更。
  • 2013/11/16 version 6.06.13 公開
    • Windows でデータ込み ngp ファイルの保存時に異常終了する様になっ た不具合の修正。
    • configure スクリプトが、シェル変数 CFLAGS を無視するようになっ ていた不具合の修正。
  • 2013/11/08 version 6.06.12 公開
    • データ込み ngp ファイルの保存時に異常終了することがあった不 具合の修正。
    • プラグイン機能の追加
    • Ruby プラグインを提供
      • Ngraph に Ruby を組み込んで、Ruby のスクリプトで Ngraph を操作できます。
      • 現時点では試験的な実装のため、ドキュメントはありません。
      • 利用には別途 Ruby のインストールが必要です。
      • Windows では Ruby installer の rubyinstaller-2.0.0-p247.exe を使用し ています。
      • Windows では動作が不安定なようです。
  • 2013/07/15 version 6.06.11 公開
    • Windows で起動時の画面がおかしくなっていた不具合の修正。
    • -i オプションで初期化スクリプトを指定しない場合はシェルを立ち上げるようにした。
    • GTK+ 3.8 以上で GtkCellRendererSpin の操作性を向上した。
  • 2013/06/10 version 6.06.10 公開
    • キー操作が正常に受け付けられなくなることがあった不具合の修正。
    • データダイアログのデータファイルプレビューでカラム区切りがわかるように表形式の表示を追加した。
    • データの区切り文字に ascii 以外の文字を指定すると異常終了することがあった不具合の修正。
    • データの区切り文字に空白が含まれていない時に、数値に続いて空白があるときにも正常に読み込めるようにした。
    • Windows 以外では Liberation フォントをデフォルトにした。
    • 数式変換の代入演算子を ":=" にした。また自己代入演算子を "+=" などとした。式の終わりを ";" で示すようにした。 (いずれも従来の表記も可能)
    • sarray, darray, iarray オブジェクトで配列の範囲を超えるインデックスが指定された時にエラーを表示するようにした。
    • 用紙設定時に異常終了することがあった不具合の修正。
    • シングルウィンドウモードの時に menu::menu を複数回呼び出すとウィジェット表示がおかしくなっていた不具合の修正。
    • gra2gtk オブジェクトに "fit", "frame", "fullscreen", "wait_action" の各フィールドを追加。
    • dialog オブジェクトに "button" フィールドを追加。
    • gra2 オブジェクト等をデバイスとして gra オブジェクトをオープンすると異常終了していた不具合の修正。
  • 2013/03/09 version 6.06.09 公開
    • シングルウィンドウモードを追加。
    • オブジェクト一覧で、非表示のインスタンスは直接編集できないよ うにした。
    • GTK+ Version 3.0 以上 3.8 未満の場合 GtkCellRendererSpin を使 わないようにした (GTK+ のバグ回避)。
    • オブジェクト一覧で、設定できる項目を増やした。
    • 数式変換の関数に "FIT_PRM()", "FIT_CALC()", "OBJ_COLOR()", "OBJ_ALPHA()" を追加。"COLOR()" 関数の第1引数に 9 を追加。
    • PostScript インポートマクロで、ファイル上書き確認が正常に動作 していなかった不具合の修正。
    • file インスタンス一覧表示の「タイプ」カラムを見やすくした。ま た線種設定も反映されるようにした。
    • file オブジェクトの "newton", "bisection", "calc" の各フィー ルド名を "fit_newton", "fit_bisection", "fit_calc" に変更した。 また "fit_prm" フィールドを追加した。
    • fit オブジェクトの "calc" フィールドの戻り値を文字列から実数 に変更した (text レジェンドの "%{fit::calc}" で表示できなくなっ た→"%{file::fitcalc}"を使う) 。
  • 2012/12/07 version 6.06.08 公開
    • legend window でマークの設定を行うとそれ以降の操作を受け付け なくなることがあった不具合の修正。
    • 用紙設定のマージンに負の値を指定できるようにした。
    • data window などの表示・非表示の切替がおかしくなることがあっ た不具合の修正。
    • EQ および NEQ 関数で第3引数を指定した時の動作がおかしかった 不具合の修正。
    • GE, GT, LE, LT の各関数で第3引数を指定できるようにした。
    • 数式変換の数式パース時に long double を使わなくなっていた不 具合の修正。
    • legend window でレジェンドテキストの編集をした時にも補完が動 作するようにした。
    • 数式変換の数値リテラルで xxD+yy の形式が正常に読み込めていな かった不具合の修正。
    • 起動時とデータ設定ダイアログ表示時に GTK+ の警告が表示される ことがあった不具合の修正。
    • GTK+ 3.6 でルーラーの表示がおかしくなることがあった不具合の 修正。
    • data window でマスク、移動設定をしたデータのファイル名をイタ リックで表示するようにした。
  • 2012/09/07 version 6.06.07 公開
    • Control + ドラッグでスクロールするようにした。
    • EMF へのエクスポートで cairo と pango を使わないようにした。
    • EMF をクリップボードにコピーできるようにした。
    • Ngraph.ini の expand_to_fullpath と ignore_path を load_path にまとめた。
    • legend window のデザインを変更し、オブジェクトの各種パラメー ターを直接編集できるようにした。
    • データ込みの NGP ファイルでデータファイル名に空白が含まれて いると正常に動作しなかった不具合の修正。
    • set コマンドの - 及び -- オプションを bash 同様な動作に変更し た。
    • グラフのエクスポート時の描画データ選択ダイアログ表示の有無を 選択できるようにした。
    • グラフのエクスポート時に描画データを変更した時、グラフの更新 フラグがセットされるようにした。
    • 用紙設定でマージンを 0 よりも大きな値に設定した時にクリップ領 域が用紙からはみ出ないようにした。
    • LC_ALL=ja_JP.eucJP の時にコンパイルができないことがあった不具 合の修正。
    • FreeBSD でコンパイルできないことがあった不具合の修正。
  • 2012/06/18 version 6.06.06 公開
    • Control + ホイールでズームできるようにした。
    • ズーム時の表示位置合わせを変更した。
    • 乱数発生に g_random_set_seed, g_random_double を使用するよう にした。
    • GTK+ 3.4 対応。
    • Ngraph.ini の [gra2gtk] セクションを参照しないようにした。
    • tex_equation.nsc, fig2gra.nsc が正常に動作しなくなっていた不 具合の修正。
    • SVG のアイコンを追加。
    • マージオブジェクトのみのグラフで再描画が正常に行われない場合 があった不具合の修正。
    • dialog::input の引数をテキストエントリーの入力文字列に使用す るように変更した。ラベルの設定は dialog::caption フィールドを 使用する。
    • fig2gra.rb が Ruby 1.9 で動作しなかった不具合の修正。
    • text-in.nsc で縦方向のオフセットを指定できるようにした。
  • 2012/04/26 version 6.06.05 公開
    • 複数部の印刷が正常に行えなかった不具合の修正。
    • = で複数の数式を使った時にエラーが正常に伝達されなかった不具 合の修正。
    • 数式変換の関数に choose を追加。
    • iexpr コマンドで より大きな数値を扱えるようにした。
    • Ngraph.ini から標準配布のアドインを削除した。また、アドイン 登録が簡単にできるように修正した。
    • ascii 以外の文字を含むディレクトリにインストールした時に正常 に動作しないことがあった不具合の修正。
    • text-in.nsc を若干機能強化した。
    • file::getcoord の返り値に前回呼び出し時の結果が含まれることが あった不具合の修正。
    • プロットタイプに「実多角形」を追加。
    • draw または expose-event シグナルで data window などのリスト を更新しないようにした。
    • demo6.ngp を追加。
    • file オブジェクトの ifs 及び remark フィールドに ascii 以外の 文字を指定した時に異常終了することがあった不具合の修正 (ascii 文字のみ指定可能にした) 。
    • 数式変換の浮動小数点リテラルの読み込みで誤差が小さくなるよう に改善した。
    • 傾いた軸で矩形が正常にプロットされなかった不具合の修正。
    • Windows で sleep コマンドが正常に動作しなかった不具合の修正。
    • スクリプトのヒアドキュメントで >>- 書式 (先頭の連続したタブ文 字を無視) を受け付けるようにした。
    • シェルの履歴で複数行にまたがるコマンドなどをまとめて扱うよう にした。
    • ビューアウィンドウのフォーカスが移動した時に勝手にスクロール してしまうことがあった不具合の修正。
  • 2012/02/24 version 6.06.04 公開
    • legend アドインでフォント設定が出来なかった不具合の修正。
    • GTK3 でファイル設定ダイアログのプレビュー行番号表示がおかし かった不具合の修正。
    • ヘルプファイル、アドインのインストールディレクトリを変更した。
    • 軸設定ダイアログを開いた時に GTK の警告メッセージが出るよう になっていた不具合の修正。
    • 編集メニューに描画順設定を追加。
    • ngraph shell の内部コマンドに dup を追加。
    • 「設定のコピー」ボタンが有効にならないことがあった不具合の修 正。
    • ユーザ定義関数によるフィットを設定するときに、パラメータの初 期値と微分式指定入力の有効・無効を式に応じて変えるようにした。
    • ユーザ定義フィット関数も入力履歴を保存するようにした。
    • データ描画時のプログレスバー表示がおかしくなることがあった不 具合の修正。
  • 2011/12/12 version 6.06.03 公開
    • アドインで使用するプログラムを C と GTK+ で作成するようにし た。
    • 「最近使用したグラフ」に ngp 以外のファイルが表示されることが あった不具合の修正。
    • パッケージ名を ngraph-gtk に変更した。
    • 「最近使用したデータ」にも GtkRecentChooserMenu を使用するよ うにした。
    • configure 時に GTK+3 が見つかった場合そちらを優先するように した。
    • man ページを追加した。
    • オブジェクトの設定ダイアログから「閉じる」または「削除」ボタ ンをなくした。
    • マージファイルやデータファイルを開くメニューを「追加」に変更 した。
    • データメニューから「新規作成」をなくした(NgraphUI.xml の編集 で追加可能)。
    • 表示メニューとツールバーから「ビューアのクリア」を削除した (NgraphUI.xml の編集で追加可能) 。
  • 2011/09/22 version 6.06.02 公開
    • 数式変換で代入を使用したときに一部の定数が正常に使えなくなっ ていた不具合の修正。
    • シェルの内部コマンド which で内部コマンドもチェックするよう にした。
    • ツールバーのウィンドウ表示切り替えボタンの状態がおかしくなる ことがあった不具合の修正。
    • GTK+ 3.0 でコンパイルできるようにした。
    • legend window でカーソル位置が正常に復帰されないことがあった 不具合の修正。
  • 2011/08/01 version 6.06.01 公開
    • ファイルダイアログのデータプレビュー行番号表示を改善。
    • Data, Axis, Merge, Legend の各 window でファイル名、軸名 また は Id を検索できるようにした。
    • エラーメッセージの表示字数に上限を設けた。
    • GRA ファイルの "R" コマンドが正常に処理されないことがあった 不具合の修正。
    • マージファイルの zoom に上限を設けた。
    • フォーカスフレームが表示されたままになってしまうことがあった 不具合の修正。
    • オブジェクトを引数にとるフィールドで、インスタンスの指定に "," を使用できなかった不具合の修正。
    • shell に組み込みコマンド "which" を追加。
    • 数式変換に関数 "srand()" 及び "time()" を追加。
    • TeX 数式インポートアドインと PostScript のインポートアドイン を追加。
    • menu オブジェクトの "show_window" などで指定する window の番 号を修正した。
    • ビューアウィンドウでレジェンドを複製した時に "name" フィール ドもコピーされていた不具合の修正。
    • menu オブジェクトに "focus", "unfocus" の各フィールドを追加。
    • system オブジェクトに "pid" フィールドを追加。
    • int オブジェクトに "times", "inc" および "dec" の各フィールド を追加。
    • darray および iarray の各オブジェクトに "map" フィールドを追 加。
    • sarray, darray および iarray のインデックス指定に負の数を使う ことができるようにした。
    • regexp オブジェクトを使用したときにメモリリークすることがあっ た不具合の修正。
    • 誤差棒形式のプロットで数式変換の定数 "MAXX" および "MAXY" が 正常に使用できないことがあった不具合の修正。
    • 誤差棒形式のプロットを使用したときに不正なメモリアクセスが起 こることがあった不具合の修正。
    • legend window でカーソル位置が正常に復帰されないことがあった不 具合の修正。
  • 2011/06/17 version 6.06.00 公開
    • 色設定ダイアログのパレット設定が保存されるようにした。
    • ビューアウィンドウのクリアボタンが動作しなくなっていた不具合の修正。
    • string オブジェクトに "byte", "length", "strip", "upcase", "downcase", "slice", "replace", "index", "rindex", "match"お よび "reverse" の各フィールドを追加。
    • darray, iarray, sarray に "push", "pop", "unshift", "shift", "sort", "rsort", "uniq", "join", "seq", "rseq", "reverse" および "slice" の各フィールドを追加。
    • darray, iarray に "sum", "average", "RMS", "sdev", "min" および"max" の各フィールドを追加。
    • sarray に "delimiter" および "split" の各フィールドを追加。
    • Ngraph shell の内部コマンド "echo" の出力文字数制限をなくした。
    • regexp オブジェクトを追加。
    • axis オブジェクトに "auto_scale_margin" フィールドを追加して、 軸ごとにオートスケール時のマージンを指定できるようにした (デ フォルト 5%) 。これに伴い "auto_scale" および "get_auto_scale" フィールドの第 2 引数をなくした。
    • axisgrid オブジェクトに "grid_x" および "grid_y" の各フィー ルドを追加して X, Y 方向のグリッド描画の有無を設定できるよう にした。
    • io オブジェクトに "mode" フィールドを追加して "open" および "popen" フィールドの第 2 引数をなくした。
    • 棒グラフに対してオートスケールを行ったとき最大値または最小値 が 0 になるようにした。
    • 軸を削除したときに異常終了する事があった不具合の修正。
    • -gra オプションで GRA ファイルを保存したときに軸ナンバリング などの位置がおかしくなっていた不具合の修正。
    • 起動オプションに "-V" を追加。
    • Ubuntu 10.04 などでコンパイルに失敗する事があった不具合の修 正。
  • 2011/05/02 version 6.05.04 公開
    • GtkRuler のソースを元に、自前でルーラの描画を行うようにした。
    • フォーカスした軸やレジェンドをキーボードを使用して移動したと きに移動中の様子が表示されなくなっていた不具合の修正。
    • GTK+ Version 2.24 でもコンパイルできるようにした。
    • メニュータイトルの typo 修整。
    • データファイル設定時に「ファイルから設定読み込み」をクリック した時にプログラムが反応しなくなることがあった不具合の修整。
  • 2011/03/28 version 6.05.03 公開
    • メニュー、ツールバーの表示や実行に GtkUIManager と GtkAction を使用するようにした。
    • フォーカスラインやクロスゲージの表示も cairo ライブラリを使用 するようにした。
    • 複数のデータファイルを開くときに、「キャンセル」ボタンを押し て実際にはデータを開かなかった場合もグラフの更新フラグがセッ トされていた不具合の修正。
    • データファイルを開くときにキャンセルされた場合は履歴に追加し ないようにした。
    • menu オブジェクトに "get_ui", "get_accel_map" および "lib_version" の各フィールドを追加。"GTK_compile_version"およ び "GTK_runtime_version" の各フィールドを削除。
    • 数式変換における引数の上限をなくした。
    • 数式変換の定数に "COLX", "COLY", "HSKIP", "RSTEP"."AXISX", "AXISY" および "FLINE" を追加。
    • ビューアウィンドウで軸やレジェンドを削除したときにメモりリー クしていた不具合の修正。
    • ビューアウィンドウで交差軸を削除したときに違う軸が削除される ことがあった不具合の修正。
    • 設定 "do_not_use_arc_for_draft" を削除。
  • 2011/02/09 version 6.05.02 公開
    • 色選択ウィンドウでパレットが表示されないことがあった不具合の 修正。
    • fit の描画、path の描画またはデータファイル出力時に未初期化変 数を参照することがあった不具合の修正。
    • 数式変換に push, pop, shift, unshift の各関数を追加。
    • Ngraph オブジェクトのインスタンスの内部表現に共用体を使用する ように変更。
    • 色設定ボタンの tooltip に色の RGB 表現を表示するようにした。
    • gra2null オブジェクトをデバイスに指定した gra オブジェクトを オープンしている時に、デバイスに指定されたインスタンスを削除 すると異常終了することがある不具合の修正。
    • 軸のナンバリングに指数表現が使われるときの表記を "5.0×10^-7" などとなるようにした。
    • 軸ナンバリング設定の変更時にグラフの更新フラグがセットされな いことがあった不具合の修正。
    • gra のデバイスに、指定したインスタンスが使われないことがあっ た不具合の修正。
  • 2010/10/23 version 6.05.01 公開
    • ユーザ定義関数によるフィットを使用したときにメモリリークすることがあった不具合の修正。
    • data window のタイプ設定メニューでマークの番号も表示されるようにした。
    • マーク選択ウィンドウでマークの番号が tooltip に表示されるようにした。
    • 日付軸の日付フォーマット指定で "%y" が 1 桁で表示されることがあった不具合の修正。
  • 2010/09/20 version 6.05.00 公開
    • axis window の軸パラメータ表示を改善
    • スケール undo ボタンの状態が変わらないことがあった不具合の修正。
    • legend text で上付き文字, 下付き文字を '@' で解除しないで '\n' で改行した時に bounding box の計算がおかしかった不具合の修正。
    • legend text で '\n' を使って改行するときに下付き文字の位置を改行幅に反映するようにした。
    • GRA ファイルの 'C' コマンドを円弧の端をつないだり、扇形の輪郭を描画できるように拡張した。
    • GRA ファイルの 'G' コマンドを第4引数で不透明度を指定できるように拡張した。
    • text オブジェクトの printf フィールドや "%pf{}" を使ったフォーマット出力時にメモリリークしていた不具合の修正。
    • 日付軸で 1970 年以前も扱えるようにした。
    • 数式変換の関数 "CM(x)"(メモリー全体を x で初期化) を追加。
    • PRM ファイルを読み込んでから別のグラフを読み込んだりすると異常終了していた不具合の修正。
  • 2010/07/16 version 6.04.00 公開

Version 6.03 の更新履歴

連絡先

ZXB01226 at nifty.com

戻る